あらゆるコンテナの明日を支える中部資材
トップページ >作業
作業工程

 

中部資材のココが違う!

中部資材

a 何千種類と言われるケミカルの種類に応じて、的確な洗浄温度や洗浄洗剤を選択しています。
a 環境問題を考慮し、汚水処理能力を高めるための工夫を随所に施し、さらに設備増強を計画中です。
a バルブのネジひとつひとつまで、細かく丁寧に手作業でメンテナンスいたします。


技術者の高いスキルで、ひとつひとつの工程を丁寧に仕上げています。

 

 

 

(1) 搬入

 

23tスプレッダーリフト3台体制で、スピーディーにタンクコンテナをデポにおろします。

スプレッダーリフト
スプレッダーリフト

 

 

(2) 搬入検査

 

ITCO(タンクコンテナ国際機構)の基準に基づいて、タンクコンテナの外観に損傷はないか、ケミカルが残っていないかどうかなど、搬入時の状態を綿密に検査します。検査した結果は、検査表を作成して、お客様にご報告いたします。

搬入検査
 

 

 

(3) 外板修理

 

タンクコンテナの外観がITCO(タンクコンテナ国際機構)の基準を満たさない場合は、熟練の技術者により、修理をほどこします。

外販修理
外販修理

 

 

(4) 洗浄

 

数千種にものぼる危険品液体(ケミカル)の種類に応じて、長年のノウハウ(洗浄温度・洗浄剤)に基く洗浄が
実施されます。
3ラインある洗浄場でスピーディーに的確に作業がおこなわれます。

洗浄作業
洗浄作業
洗浄作業

 

   

 

(5) 内部作業

 

タンクコンテナ内部の洗浄結果が基準を満たしているかどうかのチェックを、タンクコンテナの内部に人が入っておこないます。 基準に達していない場合は、人手により再度内部洗浄をおこないます。

内部作業
タンクコンテナ内部作業

 

タンクコンテナ内部の汚れ方や汚れ具合によって、長年のノウハウに基づきその汚れ方にあった様々な洗浄工具や洗浄剤にて人手により丁寧にタンクコンテナ内部を仕上げます。

 

 

(6) バルブ洗浄作業

 

タンクコンテナに取り付けられているパッキン類の交換はもとより、バルブのネジ一本一本まで分解し、手作業により丁寧にクリーンアップし、専用工具により確実なバルブ取付作業を実施いたします。

バルブメンテナンス
バルブ分解

  

 

 

(7) リークテスト

 

専用冶具によりタンクコンテナの気密検査を実施いたします。
ドライエアーにてタンクをドライアップ(乾燥)させ、再びドライエアーをタンクに充填し、気密検査を実施いたします。
また、様々な出庫時の各種仕様に関しては、ご相談の上お客様のご要望にお応えいたします。
ご要望により窒素でのリークテストも可能です。

リークテスト
リークテスト

  

 

 

(8) 第三者検査

 

お客様のご要望により、タンクコンテナに対し、第三者による検査を実施しております。
その都度、洗浄完了証明書が発行されます。

検査
 

 

 

(9) 最終確認

 

作業経験10年以上の熟練者の手により、バルブ取付具合や最終リーク確認などダブルチェックを実施し、お客様からの要求仕様書を基に最終確認作業を実施します。

最終確認検査
 

 

(10) 搬出

 

すべての作業が終了し、きれいによみがえったタンクコンテナは、デポより搬出されていきます。

搬出